食べ物はワキガや体臭、口臭にまで影響がある

体臭は全て体の中から発せられるものです。

原因は様々ですが、特に大きな原因となっているのが食べ物でもあるのです。

体臭だけではなく口臭などは身近に感じることも多いのではないでしょうか。

ニンニクのたっぷり入った餃子を食べた後はものすごく口臭がニンニクになってしまうのは経験された人も多いでしょう。

このように食べ物は体の臭いに大きく関係しているのです。

体臭がきつくなる原因は肉!

肉のようにタンパク質が豊富な食物は消化に大きなエネルギーを使用するため体温が上昇しやすくなります。

そして体温が上昇することで臭いの元となる汗を大量にかくため体臭がきつくなってしまうのです。

また臭いのきついニンニクやニラ、タマネギやキムチ、チーズなども口臭だけではなく体内で消化吸収されたことによって血中に成分が溶け込み、汗とともに皮膚から排出され臭う場合もあるのです。

食品の臭いは消化されても消えることはありません。

消化されることにより体内へ吸収されるため体全体から臭いが出ると考えて良いでしょう。

もちろん食品を直接咀嚼している口の中からも臭いは出ますし、消化した器官から口に向かっても臭いは上がってきます。

体臭が気になってるのであれば、まずは普段食べている食品も臭いのきついものばかりではないかなど見直すことが大切となるでしょう。

ニンニクは?

ニンニクといえば口臭がきつくなると思われていますが、実は口臭だけではないのです。

ニンニクを摂取していれば、体臭もきつくなってしまう場合があるのです。

それはニンニクに含まれている成分に原因があるためなのです。

まずニンニクにはアリシンという成分があり、このアリシンが口臭の原因と言われています。

ですがアリシンは体内にも吸収されるため口臭だけに収まることはないのです。

アリシンが体内に吸収されると、そこからさらに分解され臭いの成分となり血液に乗って全身に回ります。

そして汗と一緒に皮膚から体外に排出され、体臭となってしまうのです。

口臭だけだと思ってミントなどでケアをしていれば十分と考えていた方も多いのではないでしょうか。

ニンニクは口臭ケアだけでは臭いを断つことはできないのです。

ですがニンニクは体にとっても良い効果をもたらしてくれることもある食品です。

絶対に食べれば臭うというわけではありません。

もともと体臭がきつい状態であれば、きつくなってしまう可能性もありますが食べる量や一緒に摂取する食品を考慮すればそこまできつい体臭にはならないでしょう。

毎日や頻繁に食べているのであれば少し回数を減らしたり量を減らすことでも改善されます。

口臭ケアだけでは解決できない臭いなので、ニンニクを食べるときは注意しましょう。

体臭を悪化させる意外な食べ物

普段臭いのきつい食品と言われるとニンニクなどをイメージする人も多いでしょう。

ですがそれ以外にも普段から何気なく口にしている食品が臭いの原因となる場合もあるので、体臭が気になる方はチェックしておきましょう。

まず野菜では大量に食べることで臭いを発してしまう食品が、キャベツ・小松菜・白菜・大根などのアブラナ科の野菜です。

これらは硫黄化合物という物質を含んでいるため、この臭いが汗と一緒に排出され体臭となってしまいます。

ですがこれらは大量に摂取しなければ臭いはしないので、量に気をつけて取り入れましょう。

他にはチーズなどの乳製品も体臭の原因となります。

乳製品はお肉と同じ動物性タンパク質を豊富に含んでいる食品であるため、消化によりエネルギーを使い体温が上がって汗をかきます。

また脂肪分やアンモニアも含まれているため、大量に摂取すれば血中にこれらの成分が分解されず残ってしまい汗と一緒に排出され体臭となってしまうでしょう。

また香辛料も汗腺を刺激して活発にさせるため、体臭がきつくなると言われています。

辛い物の食べすぎにも注意が必要となります。

体臭が特に気になっている方はこれらの食品を摂取する際には量や頻度に注意し、適量・適度に取り入れるようにしましょう。