脇の多汗症は大変!汗を抑えることはできるのか?

汗が酷くて悩んでいるという人は少なくないでしょう。

暑い時だけでなく、緊張した時などにも酷い汗が出てしまう場合には、「多汗症」である可能性が高いです。
多汗症の人の多くは、緊張や不安などの精神的なことから汗をたくさん書いてしまうことが多いです。

多汗症になってしまうのは、大人だけではありません。
小さい頃から多汗症の人も多いので、学校で困ったことがある人もいるでしょう。

多汗症とは言っても、体のどの部分に汗をかくのかということは人によって違います。
掌や足の裏に汗を多くかく人もいますし、脇汗が酷いという人もいます。

学校で特に困るのは、掌の汗ではないでしょうか?

ノートをとる時などに、手汗が酷いと紙がふやけてしまい、文字を書きにくいですよね。
ノート提出をする時や、友達にノートを貸す時にどうしても気になってしまうでしょう。

中学生や高校生にもなれば、周りの友達も多汗症に理解を持ってくれるかもしれませんが、小学生だとそうもいかないことも多いでしょう。
多汗症が原因でいじめにあってしまっては大変ですよね。

多汗症だと、学校では何かと大変なことが多いかもしれません。
子供が学校に行く時にハンカチを持たせるなどして、多汗症にうまく対応できるようにしていくと良いかもしれませんね。

多汗症の人は電車通勤で注意が必要

多汗症だと、電車通勤でもつらいことがあるかもしれません。
手汗が酷い場合には、つり革を掴んでいてもたくさん汗をかいてきてしまいます。

自分でずっとつり革を掴んでいるなら良いのですが、次の人がつり革を掴むことを考えると汗が気になってしまいますよね。
とは言え、自分が電車を降りる時につり革をハンカチやティッシュで拭くというのも、周りの目が気になってしまいます。

手汗が酷いと、電車のつり革やバーを掴むことを遠慮しがちになってしまいます。

また、多汗症で脇汗が酷い人も、電車に乗る時に困ってしまうかもしれません。
脇汗をかいても目立たないように脇汗パッドなどを着用しておくことはできますが、ニオイも酷い場合には大変です。

特に女性であれば、つり革を掴む時に腕を上げることに抵抗を感じてしまいますよね。
脇汗が洋服に滲んでいないかが気になってしまいます。

多汗症は、普通の人の汗かきとは違います。
暑いと感じていなくても酷い汗をかいてしまうことがあります。

多汗症に理解のある人であれば、たくさん汗をかいてしまっていても気にせずにいてくれるかもしれません。
しかし、通勤電車に乗っているのは知らない人たちです。

狭い車内で隣に立った人に何か思われてしまっているのではないかということが気になってしまい、多汗症の人は電車通勤がつらく感じてしまうかもしれません。

脇の臭いはサプリメントが最強

多汗症の人は、汗の量と匂いに悩んでいることでしょう。
汗の量が多いだけでも大変なのに、匂いまで気になってしまうと対処に困ってしまいますよね。

匂いも気になる汗は、専用デオドラントと制汗サプリで対処していきましょう。

汗の匂いは、専用デオドラントで消臭してしまいましょう。
持ち歩きやすいスプレータイプのものもありますし、サッと拭くだけのシートも売られています。

外出先で汗の匂いが気になることが多いと思うので、かばんに入れて持ち歩きやすいものを選ぶと良いかもしれません。
特に電車に乗る時や、たくさん歩いた後にはすぐに使用できると便利ですね。

また、汗の量はサプリメントを飲んで抑えるようにすると良いかもしれません。

「アセッパー」のようなサプリは、飲むだけでベタベタ汗を抑えることができます。雑誌でも多く取り上げられており、実際に使用して効果を実感している人は多いです。
多汗症の人は、誰かと一緒にいたりする時に特に汗の量が気になってしまうと思います。アセッパーを飲むことで汗の量を抑えることができるので、学校や通勤での気になる汗を予防することができます。

汗用のデオドラント剤とサプリメントを上手く活用して、多汗症の人も快適に過ごせるようにしていきましょう。

脇の臭いは一つじゃない!ワキガ臭と汗臭の違い

体臭は体の様々なところから臭いが発生しますので、それぞれに合った解消方法があります。

特に体臭で悩んでいる人の多くは汗が原因となる汗臭やワキから発生するワキガ臭で悩んでいます。

このワキガ臭と汗臭の2つに共通するのは汗が原因となっていることですが、汗臭は汗が原因になるのは分かりやすいです。

しかし、ワキガ臭は汗が原因となっているのは分かりづらいでしょう。

ではワキガ臭で汗が原因となっているのはどのような仕組みなのでしょうか?

ワキガ臭はワキなどの特定部位に集中しているアポクリン腺が原因の一つになっています。

このアポクリン腺から分泌される汗が原因となるのですが、その分泌される汗には脂質やタンパク質が含まれています。

汗に混じった脂質やタンパク質をワキにいる常在菌が分解してワキガ臭を発生させているのです。

こうしたアポクリン腺から分泌される汗がワキガ臭の原因となっていますが、一方で汗臭はエクリン腺から分泌される汗が原因となっています。

どちらも汗腺から分泌される汗なので同じ臭いが発生してもおかしくありませんが、エクリン腺から分泌される汗には脂質やタンパク質が含まれておらず、約99%が水分で残りは塩分などが含まれています。

だから、エクリン腺から分泌される汗には常在菌のエサとなる成分が含まれていませんのでワキガ臭のような強烈な臭いは発生しないのです。

ワキガ臭と汗臭にはこのような原因の違いがありますが、ではワキガ臭と汗臭の臭いの違いはどうなっているのでしょうか?

汗臭はエクリン腺から分泌される汗によって臭いが発生しますが、その汗はほとんど水分ですのであまり臭いはありません。

しかし、汗と一緒に流れ出る皮脂や角質が混じり合うことでムワッとする臭いが発生しますし、少しこずっぱい臭いが発生することもあります。

ワキガ臭はアポクリン腺から分泌される汗が原因となりますが、その汗には脂質やタンパク質が含まれています。

これによって鼻をつく強烈な臭いが発生しますが、チーズのような臭いもあれば古いタンスの臭いもありますし、ひどい人では傍にいるだけで目に染みるような気分が悪くなる臭いを発生させることもあります。

ワキガのケア方法

強烈な臭いが発生するワキガ臭はサプリメントや制汗剤、ボディソープや生活習慣の改善などによって解消することができます。

特にサプリメントや制汗剤は効果があり、サプリメントで体の内側から改善しながら制汗剤で体の外側から解消するのが効果的な方法です。

食生活を改善することでも効果はありますが、サプリメントならワキガ臭に良い成分を効率よく摂れますので手軽で簡単です。

とは言えサプリメントは効果が現れ始めるまでにある程度の期間が必要となります。

そこで、効果が現れ始めるまで制汗剤と併用するのが良いのです

こうした解消法の他に病院などでワキガを改善する手術を受ける方法もありますが、手術費用が高いですし痕が残ってしまうこともありますのであまりいい方法とは言えません。

ワキガ臭で悩んでいる人はサプリメントや制汗剤を使用するのがおすすめできますので試してみてはいかがでしょうか。

汗の臭いケア

入浴

汗臭は男女問わず発生しますので誰でも気になる臭いと言えます。

そんな汗臭の解消法は制汗剤を使用することや半身浴、衣類に気を付けることです。

衣類は吸水性や通気性、吸湿性に優れているものを着るようにすると汗の臭いを体外に排出しにくくなります。

半身浴は汗腺機能を高めることができますので38度前後のぬるま湯で行うと良いです。

制汗剤は汗臭の原因となるエクリン腺から分泌される汗を抑えることができますので汗臭が発生することはありません。

現代人は汗をかきやすいとされていますので、まずは汗臭の原因となる汗を制汗剤で抑える方法が効果的な解消法と言えるでしょう。