話題の活性酵素が増えるとワキガや体臭がきつくなる

活性酸素といえば体の中を酸化させることから、老化の原因になるとも言われている厄介な物質というイメージがあります。

また活性酸素は老化の原因だけではなく体臭などにも関わってくるのです。

活性酸素は脂肪酸と反応し過酸化脂質になります

この過酸化脂質が変化することで独特の体臭となるのです。

体の中に活性酸素を溜め込むことで臭いもどんどんきつくなってしまうため、臭い対策に活性酸素も含まなければなりません。

活性酸素を増やさないためにはまずは体質改善が重要なカギとなります。

普段の食生活を含めて、生活環境が整っていないのであれば見直す必要も出てくるでしょう。

また紫外線などの外的要因によっても体内の活性酸素は増加します。

体内の体質改善に含め紫外線などの外的要因からも予防をすると良いでしょう。

もちろんそれだけでは活性酸素による臭い対策にはなりません。

体を清潔に保つことも大切なので、基本的な臭い対策とともに合わせて行うようにしましょう。

最近では活性酸素対策などの情報もたくさんあるので、自宅でも簡単に自分で行えるような方法が紹介されています。

正しい情報を集めながら、まずは自分でもできる体質改善から始めて活性酸素を抑制できるようにしていきましょう。

なぜ活性酵素は増えるの?

体臭や老化の原因にもなってしまう活性酸素ですが、なぜ活性酸素は体内で増えていくのでしょうか。

体臭や老化の原因とされている活性酸素ですが、実は体にとって決して悪いということはないのです。

活性酸素は免疫機能の一つであり、体を守るため毎日体の中で作られているのです

ですが必要以上に作られてしまうことで、体にとって厄介なものとなってしまうのです。

活性酸素が増える理由には外的要因と内的要因の二つがあります。

外的要因では紫外線や過度な運動などがあります。

紫外線を浴び日焼けすることでも体内の活性酸素は大量に作られます。

過度に運動することでも呼吸が激しくなるため酸素が体内に大量に取り込まれ活性酸素が発生することになってしまうのです。

また内的要因ではストレスや喫煙、過度な飲酒などがあります。

ストレスは緩和させようとする働きが体内で起こると同時に活性酸素も作られます。

日頃からストレスが溜まっていれば同じように活性酸素も溜まってしまうでしょう。

喫煙や過度な飲酒では喫煙時に取り込んだ有害物質から体を守るため活性酸素が作られますし、飲酒はアルコールを分解するときに活性酸素が発生します。

このように様々な原因によって活性酸素が増えますが、日頃から作られる物質でもあります。

外からも内からも体に刺激を与えすぎないように生活し、体内の活性酸素量を一定に保つことが重要です。

活性酵素を減らす方法

活性酸素が体内で大量に発生する原因はたくさんありますが、抑制する方法もあります。

外的要因からは紫外線を浴びすぎないことと、過度な運動は避けることです。

紫外線の強い季節や時間帯や天気に合わせて、日焼け止めなどで対策を取るようにしましょう。

また運動もランニングではなくウォーキングなど軽めの運動に変えましょう。

内的要因による活性酸素の抑制には、禁煙・飲酒を控える・ストレスを溜め込まないことです。

喫煙による気分転換はあまり良いものではありません。

飲酒も飲みすぎないようにして嗜む程度で楽しみましょう。

ストレスも大きな要因となります。

できるだけ発散させるようにするか、ストレスフリーな生活に変えられるようにしましょう。

ただこれだけでは抑制ができない場合もあるので、抗酸化物質を摂取しても良いでしょう。

ビタミンCなどは抗酸化作用もあるので、増えすぎた活性酸素の対策に取り入れてみると良いですね。

活性酸素を抑制するということはとても簡単なことですが人によっては難しいことでもあるでしょう。

特に現代人にとっては食生活の改善やストレスフリー・飲酒は大きな壁となることもあります。

まずはできる範囲から始めていき、活性酸素が体内でたくさんたまらないように対処し抑制していきましょう。