食べ物はワキガや体臭、口臭にまで影響がある

体臭は全て体の中から発せられるものです。

原因は様々ですが、特に大きな原因となっているのが食べ物でもあるのです。

体臭だけではなく口臭などは身近に感じることも多いのではないでしょうか。

ニンニクのたっぷり入った餃子を食べた後はものすごく口臭がニンニクになってしまうのは経験された人も多いでしょう。

このように食べ物は体の臭いに大きく関係しているのです。

体臭がきつくなる原因は肉!

肉のようにタンパク質が豊富な食物は消化に大きなエネルギーを使用するため体温が上昇しやすくなります。

そして体温が上昇することで臭いの元となる汗を大量にかくため体臭がきつくなってしまうのです。

また臭いのきついニンニクやニラ、タマネギやキムチ、チーズなども口臭だけではなく体内で消化吸収されたことによって血中に成分が溶け込み、汗とともに皮膚から排出され臭う場合もあるのです。

食品の臭いは消化されても消えることはありません。

消化されることにより体内へ吸収されるため体全体から臭いが出ると考えて良いでしょう。

もちろん食品を直接咀嚼している口の中からも臭いは出ますし、消化した器官から口に向かっても臭いは上がってきます。

体臭が気になってるのであれば、まずは普段食べている食品も臭いのきついものばかりではないかなど見直すことが大切となるでしょう。

ニンニクは?

ニンニクといえば口臭がきつくなると思われていますが、実は口臭だけではないのです。

ニンニクを摂取していれば、体臭もきつくなってしまう場合があるのです。

それはニンニクに含まれている成分に原因があるためなのです。

まずニンニクにはアリシンという成分があり、このアリシンが口臭の原因と言われています。

ですがアリシンは体内にも吸収されるため口臭だけに収まることはないのです。

アリシンが体内に吸収されると、そこからさらに分解され臭いの成分となり血液に乗って全身に回ります。

そして汗と一緒に皮膚から体外に排出され、体臭となってしまうのです。

口臭だけだと思ってミントなどでケアをしていれば十分と考えていた方も多いのではないでしょうか。

ニンニクは口臭ケアだけでは臭いを断つことはできないのです。

ですがニンニクは体にとっても良い効果をもたらしてくれることもある食品です。

絶対に食べれば臭うというわけではありません。

もともと体臭がきつい状態であれば、きつくなってしまう可能性もありますが食べる量や一緒に摂取する食品を考慮すればそこまできつい体臭にはならないでしょう。

毎日や頻繁に食べているのであれば少し回数を減らしたり量を減らすことでも改善されます。

口臭ケアだけでは解決できない臭いなので、ニンニクを食べるときは注意しましょう。

体臭を悪化させる意外な食べ物

普段臭いのきつい食品と言われるとニンニクなどをイメージする人も多いでしょう。

ですがそれ以外にも普段から何気なく口にしている食品が臭いの原因となる場合もあるので、体臭が気になる方はチェックしておきましょう。

まず野菜では大量に食べることで臭いを発してしまう食品が、キャベツ・小松菜・白菜・大根などのアブラナ科の野菜です。

これらは硫黄化合物という物質を含んでいるため、この臭いが汗と一緒に排出され体臭となってしまいます。

ですがこれらは大量に摂取しなければ臭いはしないので、量に気をつけて取り入れましょう。

他にはチーズなどの乳製品も体臭の原因となります。

乳製品はお肉と同じ動物性タンパク質を豊富に含んでいる食品であるため、消化によりエネルギーを使い体温が上がって汗をかきます。

また脂肪分やアンモニアも含まれているため、大量に摂取すれば血中にこれらの成分が分解されず残ってしまい汗と一緒に排出され体臭となってしまうでしょう。

また香辛料も汗腺を刺激して活発にさせるため、体臭がきつくなると言われています。

辛い物の食べすぎにも注意が必要となります。

体臭が特に気になっている方はこれらの食品を摂取する際には量や頻度に注意し、適量・適度に取り入れるようにしましょう。

話題の活性酵素が増えるとワキガや体臭がきつくなる

活性酸素といえば体の中を酸化させることから、老化の原因になるとも言われている厄介な物質というイメージがあります。

また活性酸素は老化の原因だけではなく体臭などにも関わってくるのです。

活性酸素は脂肪酸と反応し過酸化脂質になります

この過酸化脂質が変化することで独特の体臭となるのです。

体の中に活性酸素を溜め込むことで臭いもどんどんきつくなってしまうため、臭い対策に活性酸素も含まなければなりません。

活性酸素を増やさないためにはまずは体質改善が重要なカギとなります。

普段の食生活を含めて、生活環境が整っていないのであれば見直す必要も出てくるでしょう。

また紫外線などの外的要因によっても体内の活性酸素は増加します。

体内の体質改善に含め紫外線などの外的要因からも予防をすると良いでしょう。

もちろんそれだけでは活性酸素による臭い対策にはなりません。

体を清潔に保つことも大切なので、基本的な臭い対策とともに合わせて行うようにしましょう。

最近では活性酸素対策などの情報もたくさんあるので、自宅でも簡単に自分で行えるような方法が紹介されています。

正しい情報を集めながら、まずは自分でもできる体質改善から始めて活性酸素を抑制できるようにしていきましょう。

なぜ活性酵素は増えるの?

体臭や老化の原因にもなってしまう活性酸素ですが、なぜ活性酸素は体内で増えていくのでしょうか。

体臭や老化の原因とされている活性酸素ですが、実は体にとって決して悪いということはないのです。

活性酸素は免疫機能の一つであり、体を守るため毎日体の中で作られているのです

ですが必要以上に作られてしまうことで、体にとって厄介なものとなってしまうのです。

活性酸素が増える理由には外的要因と内的要因の二つがあります。

外的要因では紫外線や過度な運動などがあります。

紫外線を浴び日焼けすることでも体内の活性酸素は大量に作られます。

過度に運動することでも呼吸が激しくなるため酸素が体内に大量に取り込まれ活性酸素が発生することになってしまうのです。

また内的要因ではストレスや喫煙、過度な飲酒などがあります。

ストレスは緩和させようとする働きが体内で起こると同時に活性酸素も作られます。

日頃からストレスが溜まっていれば同じように活性酸素も溜まってしまうでしょう。

喫煙や過度な飲酒では喫煙時に取り込んだ有害物質から体を守るため活性酸素が作られますし、飲酒はアルコールを分解するときに活性酸素が発生します。

このように様々な原因によって活性酸素が増えますが、日頃から作られる物質でもあります。

外からも内からも体に刺激を与えすぎないように生活し、体内の活性酸素量を一定に保つことが重要です。

活性酵素を減らす方法

活性酸素が体内で大量に発生する原因はたくさんありますが、抑制する方法もあります。

外的要因からは紫外線を浴びすぎないことと、過度な運動は避けることです。

紫外線の強い季節や時間帯や天気に合わせて、日焼け止めなどで対策を取るようにしましょう。

また運動もランニングではなくウォーキングなど軽めの運動に変えましょう。

内的要因による活性酸素の抑制には、禁煙・飲酒を控える・ストレスを溜め込まないことです。

喫煙による気分転換はあまり良いものではありません。

飲酒も飲みすぎないようにして嗜む程度で楽しみましょう。

ストレスも大きな要因となります。

できるだけ発散させるようにするか、ストレスフリーな生活に変えられるようにしましょう。

ただこれだけでは抑制ができない場合もあるので、抗酸化物質を摂取しても良いでしょう。

ビタミンCなどは抗酸化作用もあるので、増えすぎた活性酸素の対策に取り入れてみると良いですね。

活性酸素を抑制するということはとても簡単なことですが人によっては難しいことでもあるでしょう。

特に現代人にとっては食生活の改善やストレスフリー・飲酒は大きな壁となることもあります。

まずはできる範囲から始めていき、活性酸素が体内でたくさんたまらないように対処し抑制していきましょう。

脇の臭いは一つじゃない!ワキガ臭と汗臭の違い

体臭は体の様々なところから臭いが発生しますので、それぞれに合った解消方法があります。

特に体臭で悩んでいる人の多くは汗が原因となる汗臭やワキから発生するワキガ臭で悩んでいます。

このワキガ臭と汗臭の2つに共通するのは汗が原因となっていることですが、汗臭は汗が原因になるのは分かりやすいです。

しかし、ワキガ臭は汗が原因となっているのは分かりづらいでしょう。

ではワキガ臭で汗が原因となっているのはどのような仕組みなのでしょうか?

ワキガ臭はワキなどの特定部位に集中しているアポクリン腺が原因の一つになっています。

このアポクリン腺から分泌される汗が原因となるのですが、その分泌される汗には脂質やタンパク質が含まれています。

汗に混じった脂質やタンパク質をワキにいる常在菌が分解してワキガ臭を発生させているのです。

こうしたアポクリン腺から分泌される汗がワキガ臭の原因となっていますが、一方で汗臭はエクリン腺から分泌される汗が原因となっています。

どちらも汗腺から分泌される汗なので同じ臭いが発生してもおかしくありませんが、エクリン腺から分泌される汗には脂質やタンパク質が含まれておらず、約99%が水分で残りは塩分などが含まれています。

だから、エクリン腺から分泌される汗には常在菌のエサとなる成分が含まれていませんのでワキガ臭のような強烈な臭いは発生しないのです。

ワキガ臭と汗臭にはこのような原因の違いがありますが、ではワキガ臭と汗臭の臭いの違いはどうなっているのでしょうか?

汗臭はエクリン腺から分泌される汗によって臭いが発生しますが、その汗はほとんど水分ですのであまり臭いはありません。

しかし、汗と一緒に流れ出る皮脂や角質が混じり合うことでムワッとする臭いが発生しますし、少しこずっぱい臭いが発生することもあります。

ワキガ臭はアポクリン腺から分泌される汗が原因となりますが、その汗には脂質やタンパク質が含まれています。

これによって鼻をつく強烈な臭いが発生しますが、チーズのような臭いもあれば古いタンスの臭いもありますし、ひどい人では傍にいるだけで目に染みるような気分が悪くなる臭いを発生させることもあります。

ワキガのケア方法

強烈な臭いが発生するワキガ臭はサプリメントや制汗剤、ボディソープや生活習慣の改善などによって解消することができます。

特にサプリメントや制汗剤は効果があり、サプリメントで体の内側から改善しながら制汗剤で体の外側から解消するのが効果的な方法です。

食生活を改善することでも効果はありますが、サプリメントならワキガ臭に良い成分を効率よく摂れますので手軽で簡単です。

とは言えサプリメントは効果が現れ始めるまでにある程度の期間が必要となります。

そこで、効果が現れ始めるまで制汗剤と併用するのが良いのです

こうした解消法の他に病院などでワキガを改善する手術を受ける方法もありますが、手術費用が高いですし痕が残ってしまうこともありますのであまりいい方法とは言えません。

ワキガ臭で悩んでいる人はサプリメントや制汗剤を使用するのがおすすめできますので試してみてはいかがでしょうか。

汗の臭いケア

入浴

汗臭は男女問わず発生しますので誰でも気になる臭いと言えます。

そんな汗臭の解消法は制汗剤を使用することや半身浴、衣類に気を付けることです。

衣類は吸水性や通気性、吸湿性に優れているものを着るようにすると汗の臭いを体外に排出しにくくなります。

半身浴は汗腺機能を高めることができますので38度前後のぬるま湯で行うと良いです。

制汗剤は汗臭の原因となるエクリン腺から分泌される汗を抑えることができますので汗臭が発生することはありません。

現代人は汗をかきやすいとされていますので、まずは汗臭の原因となる汗を制汗剤で抑える方法が効果的な解消法と言えるでしょう。