脇の黒ずみを防ぐには毎回新しいカミソリを使った方が良い?

 

脇毛の処理に使っているカミソリって、それは脇毛専用のものですか?

脇は凹凸が多いんです。

平らではないのである程度のカーブのあるカミソリで剃らないと、脇毛はうまく剃れません。

脇毛の処理には、必ず脇毛処理専用のカミソリを使ったほうがいいんです。

綺麗に剃るポイント

カミソリは新しいものを使いたい

脇専用のカミソリは、新しい刃を使うことが大切なんです。

カミソリはいつも使用後は濡れたままで、浴室に置きっぱなしなんてことが多いと思います。

しかしそれってもってのほかなんですよ。

カミソリを使った後は綺麗に洗って風通しのいい場所に保管するようにしましょう。

脇の上半分は下に向かって、そして下半分は上へ向かってカミソリをあてるんです。

つまり、カミソリは全て中央へ向かってあてていくんですね。

これでも剃り残しが出る場合もあるでしょう、

脇毛に逆らって剃る「逆毛剃り」というのも行ってみます

肌への負担が大きくておすすめできないとされる逆剃りです。

しかし、黒ずみや色素沈着の原因にもなるのでおすすめはできないところですがが、深剃りできるのがメリットです。

ポイントは何度もカミソリを往復させないことです。

そして、肌への負担はなるべくかからないように注意しましょう。

大切なのは、毎回新しいカミソリを…というのが理想ですけど、できるだけ新しいカミソリを使いたいですね。

剃れないカミソリが黒ずみの原因

色素沈着

色素沈着は肌が黒ずんでしまうトラブルなんです。

肌が刺激を受けてメラニン色素が生成されることで起こるものです。

特にカミソリでのムダ毛処理をしてしまうと肌への刺激が強くなってしまいます。

長年続けていると肌が黒く汚くなってしまいがちなんですね。

埋没毛(埋もれ毛)

埋没毛というのがあります。

毛が皮膚の外に出ずに、皮膚の内側で毛が伸びてしまうトラブルですね。

カミソリで切った毛の断面といのは「角」があるので、毛穴の中で引っかかりやすいんです。

引っかかった毛は外に出られません。

すると、毛穴の中でグルグルと伸びてしまうんです。

そうなると、毛穴の壁を突き破って皮下の向に伸びてしまうんです。

肌荒れや皮膚の硬化

カミソリで剃ったときに起こる肌荒れや炎症などは、「カミソリ負け」と呼ばれているんです。

カミソリのムダ毛処理は、毛と一緒に肌の「角質」も削り取ってしまうんです。

角質は肌の水分保持を担ってるので、削ってしまうと肌が乾燥してしまいます。

剃れないカミソリを使うとついつい力が入って角質までそぎ取ってしまいがちなんです。

角質は、ウィルスや細菌などから肌を守る「バリア」の役割をしているんです。

バリアを失った皮膚には、簡単に細菌が侵入するんです。

その結果、肌や毛穴が炎症を起こすということですね。

黒いポツポツができる

カミソリで切った断面は太いんですよ。

それだけでも黒くポツポツして見えるんですね。

カミソリを続けると、毛穴の周りがぷっくりと盛り上がることがあります。

盛り上がった毛穴の中の毛というのは、とても目立って見えるんです。

切れ味の悪いカミソリで処理を続けてしまうと、刃に毛が押されてしまって毛穴が広がります。

広がった毛穴には皮脂や角質が溜まりやすくなるんです。

それらが酸化して黒ずんで、黒いポツポツになるということですね。

黒ずみができにくい自己処理法

カミソリを選ぶ

切れ味の良いものを選びましょう。

切れ味の悪いカミソリはキレイに処理ができませ。

それだけでなく、肌を傷める原因にもなるんです。

なるべく刃の切れ味のよいカミソリを選ぶようにしましょう。

そして、切れなくなったらすぐカミソリを交換するんです。

刃の枚数
3枚刃か5枚刃など「刃」の枚数が多い方が、刃にかかる圧力が分散されます。

よって、肌への負担を少なく処理できるんです。

5枚刃のようなヘッド部分が大きいカミソリとなると、広い面積の平らな部位には良いです。

いっぽうで、細かい部位や凹凸のある部位は処理しにくいというデメリットもあります。

安全ガードの有無

刃に安全ガードの付いたものは少々剃り味が悪いとされています。

それでも、肌への負担や安全性を考えてガード付きのものがオススメですね。