シャンプーの頻度は?

マイナチュレ公式HP

歳を取ったら毎日シャンプーしない方が良い?

 

シャンプーしているときに、抜け毛が指に付いて焦ったことがある人もいるでしょう。

 

シャワー

 

誰でもシャンプーすると髪の毛が抜けますので仕方がないことです。

 

こうしてシャンプー時の抜け毛が気になっている人は毎日シャンプーしたら薄毛になってしまうのではと思う人もいるのではないでしょうか。

 

その考え方は間違っています。

 

毎日シャンプーしても、それが原因で薄毛になってしまうことはありません。

 

また、歳を取ったら更に薄毛になりやすいと思っている人もいるかもしれません。

 

歳を取ったからといって毎日シャンプーしても薄毛の原因にはなりませんので安心してシャンプーしてください。

 

逆に毎日シャンプーしないほうが薄毛になる可能性が高くなります。
毎日、頭皮をシャンプーで綺麗にしていないと余分な皮脂が溜まってしまい、頭皮環境を悪化させて抜け毛を増やしてしまいます。

 

とは言っても、毎日ゴシゴシ洗うのは頭皮にダメージを与えてしまうので良くありません。

 

優しくマッサージするように頭皮を洗うようにしましょう。

 

また、刺激が強いシャンプーは頭皮に良くありませんし、すすぎ残しがあると老廃物になって毛穴に溜まってしまうこともありますので、気を付けながら毎日のシャンプーに心がけてください。

 

 

湯シャンは本当に髪と頭皮に良いのか?

 

一時的なブームとして注目された洗髪方法に湯シャンがあります。

 

一部の芸能人が湯シャンをして注目されましたが、様々な原因によって長続きさせることができません。

 

まず湯シャンとはシャンプーを使用しないでお湯だけで洗髪することを言い、シャンプーに含まれる成分が抜け毛の原因になっているからお湯だけで洗うという発想から来た洗髪方法です。

 

また、湯シャンでは33度くらいのぬるま湯を使って洗いますが、このくらいの湯温のほうが適度に頭皮の汚れや皮脂を取り除くことができるからです。

 

頭皮にいる常在菌の表皮ブドウ菌やマラセチア菌のバランスが取れるようになって健やかな頭皮になると言われています。

 

確かに高級アルコール系シャンプーの界面活性剤は頭皮に刺激が強いので、常在菌のバランスが崩れて抜け毛の原因になっているかもしれません。

 

だからと言ってお湯だけで洗うのはニオイが残りますし、十分に皮脂や老廃物などの汚れを落とせるわけではありませんので、薄毛改善の効果は薄いと考えられます。

 

シャンプー

 

でしたら、アミノ酸系シャンプーは刺激がほとんどありませんので、マイナチュレのような無添加成分配合のアミノ酸系シャンプーを使用したほうが効果があります。

 

 

毛穴に皮脂と汚れが溜まると危険

 

薄毛になる原因の一つに皮脂が挙げられます。

 

その皮脂が毛穴に溜まると危険です。

 

頭皮から分泌される皮脂や汚れなどが毛穴に溜まると、少しずつ酸化して最終的には毛根にダメージを与えて最悪の場合は毛根が死滅して髪が生えなくなってしまいます。

 

また、毛穴に蓄積された皮脂や汚れから悪臭が発生してしまうこともあります。

 

それに、雑菌が繁殖して頭皮環境を悪化させてしまい、栄養が行き届かなくなって抜け毛が増えたり髪の成長がストップしてしまいます。

 

さらに雑菌によって頭皮にいる常在菌の働きが悪くなったり、常在菌そのものが減ってしまうこともあります。

 

これによって頭皮にトラブルが起きて薄毛の原因になってしまうのです。

 

こうした薄毛の危険を伴う毛穴の詰まりを未然に防いだり改善したりするにはシャンプーというヘアケアが重要になってきます。

 

シャンプーといっても頭皮に優しい無添加で低刺激なシャンプーを使用したほうが良いので、薄毛改善効果が期待できるアミノ酸系シャンプーのマイナチュレがおすすめです。

 

一番安い!↓公式サイト