ションぷーの頻度と頭皮環境

マイナチュレ公式HP

暑い夏は汗をかいたらそのたびにシャンプーするべき?

 

シャンプー

 

暑い夏は、汗をかいて頭皮がべたつきがちになります。
頭皮がべたついている状態が続くと、髪の毛にとってあまり良くありません。

 

そのため、暑い夏は汗をかいたらそのたびにシャンプーするべきなのか悩む人も多いでしょう。

シャンプーをして余分な皮脂を洗い流すのは良いことですが、場合によっては逆効果となって抜け毛・薄毛を進行させてしまうことがあります。

暑い夏はどれぐらいの頻度でシャンプーするべきなのでしょうか?

 

シャンプーすることで、頭皮がべたつく原因となる皮脂を洗い落とすことができます。
夏は汗をかきやすいため、普段よりも過剰な皮脂が分泌されることが多いです。
過剰に分泌された皮脂を放置していると、頭皮環境が悪化して抜け毛・薄毛が進行する可能性があるので、できるだけ洗い落とすようにしておきたいですね。
とはいえ、頭皮の皮脂を必要以上に落としすぎてしまうと、逆効果になってしまうことがあります。
程よく皮脂を落とすなら問題ないのですが、頭皮を守るために必要な皮脂まで洗い落としてしまうと、頭皮が自らを守るためにさらに皮脂を分泌してしまうことがあります。
このような頭皮の働きによって、シャンプーのしすぎが逆効果をもたらしてしまうことがあるのです。

 

 

シャンプーをしても頭皮がべたつく原因

 

べたつきの原因となる皮脂を洗い落とすためにシャンプーをしたのに、逆に頭皮がべたついているように感じたことはありませんか?
毎日きちんとシャンプーをしているのに、朝から頭皮のべたつきを感じている人もいるでしょう。

 

実は、べたつきの原因である皮脂を過剰に洗い落とすことで、逆に皮脂の分泌を促してしまうことがあります。
きちんとシャンプーをしているのに頭皮のべたつきが治まらない人は、頭皮の皮脂を落としすぎているのかもしれません。

 

頭皮の皮脂は、べたつきが気になったらすべて洗い落としてしまって良いというわけではありません。
頭皮には、頭皮を乾燥や外部の刺激から守るために必要な皮脂も存在しています。

 

べたつきが気になるからといって、頭皮を守るために必要な皮脂まで洗い落としてしまうことで、頭皮が自らを守るためにさらに皮脂を分泌してしまいます。
そのため、過度なシャンプーを行うことで、頭皮のべたつきが酷くなってしまうことがあるのです。

 

毎日きちんとシャンプーをしているのにべたつきが治まらない人は、過度なシャンプーをしていないか見直す必要があるでしょう。
過度なシャンプーは皮脂の分泌を促してしまうだけでなく、頭皮に傷を付けてしまう恐れもあるので注意が必要です。

 

 

トニックシャンプーは頭皮に負担が掛かることがある

 

薬局やドラッグストアでシャンプーコーナーを見ていると、「トニックシャンプー」というものが並んでいることがあります。
トニックシャンプーは男性用のシャンプーコーナーに並べられていることが多く、実際に購入したことがある人もいるでしょう。
トニックシャンプーは通常のシャンプーとは異なる点がいくつかあるので、通常のシャンプーとの違いを知って、自分の頭皮の状態に合わせて使っていきましょう。

 

トニックシャンプーの特徴は、通常のシャンプーよりも洗浄力が高いことです。
さっぱりとした洗い上がりになるので、皮脂の分泌が多くて頭皮のべたつきに悩んでいる人に向いています。
メントールが配合されている商品も多いので、暑い夏に爽やかな洗い心地を実感できるでしょう。

 

また、トニックシャンプーは頭皮の皮脂を洗い落としてくれるだけでなく、頭皮の毛穴に詰まった角質やホコリも洗い落とせる洗浄力があります。

頭皮を清潔な状態に保ちたいと考えている人は、トニックシャンプーを便利に使っていけるのではないでしょうか。

 

洗浄力が高くて洗い上がりが爽やかなトニックシャンプーですが、頭皮の状態に合わせて使っていくことが大切です。
トニックシャンプーは洗浄力が高いので、その分頭皮への刺激も強くなります。
頭皮が荒れているように感じたら、すぐに使用を中止することをおすすめします。

 

一番安い!↓公式サイト