意外と無意識に髪を抜いてしまう癖

マイナチュレ公式HP

子供が髪を抜いていたらストレスかも

 

子供

 

子供が自分で髪の毛を抜いていたら、強いストレスを感じている可能性があります。
頻繁に髪の毛を抜く行為を目撃しているのなら、癖になってしまう前に子供のメンタルをケアしてあげましょう。

 

ストレスが原因で自分の髪の毛を抜いてしまう行為は、「抜毛症」と呼ばれることがあります。
子供だけでなく大人も発症する症状ですが、子供のころから髪の毛を抜くことが癖になってしまっていると、大人になったときに薄毛になってしまう可能性が高いです。
髪の毛を完全に抜いてしまわなくても、髪の毛を引っ張る行為を続けることで抜け毛が増えてしまうこともあるので、早めに抜毛症を治してあげましょう。

 

抜毛症が酷くなると、自分で自分の気持ちをコントロールできなくなってしまうことがあります。
これまでは自分の髪の毛を抜いているという意識があった人でも、気付かないうちに沢山の髪の毛を抜くようになってしまい、薄毛が進行するスピードも上がります。

 

髪の毛を抜くことが癖になってしまう前に、子供がストレスを感じている原因を探しましょう。

大きなストレスを感じてショックを受けてしまっている場合もありますが、毎日の生活の中で少しずつストレスを溜め込んでしまっている可能性もあります。

 

 

髪を抜く癖が原因で薄毛になる

 

自分の髪の毛を抜くことが癖になってしまうと、薄毛が進行してしまう恐れがあります。
健康的に育っていた髪の毛を無理やり抜いてしまうことで、頭皮に大きな負担が掛かってしまいます。

 

これまで健康的な髪の毛を作ることができていた元気な頭皮も、髪の毛を抜くときの負担が積み重なって弱ってしまうかもしれません。
頭皮が弱って外部からの刺激に敏感になることで、これまでのように健康的な髪の毛を作ることが難しくなり、少しずつ薄毛になっていってしまうのです。

 

また、人によっては心に大きな負担を感じることで、頭頂部の髪の毛が薄くなる「円形脱毛症」を発症してしまうこともあります。
自分の髪の毛を抜くという行為は、精神的にストレスを感じている証拠です。
さらに酷い症状が出てしまう前に、心のケアをしていくことが大切です。

 

髪の毛を完全に抜いているわけではなくても、引っ張ることで抜けやすくなってしまいます。
ストレスを感じたり、考え事をするときに髪の毛を強い力で引っ張る癖がある人は、抜け毛になる恐れがあるので気を付けましょう。
もしも、子供がストレスを感じたときに髪の毛を引っ張っているようであれば、癖になってしまう前に大人が注意してあげる必要があります。

 

 

ストレスが原因の抜け毛はどうケアする?

 

ストレスが原因で自分の髪の毛を抜いてしまっている場合には、抜け毛・薄毛ケアをする前に心のケアをする必要があります。
育毛剤や育毛シャンプーで抜け毛・薄毛ケアをしても、再びストレスを感じて髪の毛を抜いてしまうと大変です。

 

なかなか髪の毛が増えないどころか、薄毛が進行してしまうことが考えられます。
ストレスが原因で抜け毛・薄毛の症状が進行してしまっている場合には、メンタルクリニックを訪れるなどして、心のケアを重点的に行うようにしていきましょう。

 

抜毛症を恥ずかしいものだと感じている人も多いようですが、ずっと隠して生活していくことは難しいですし、症状が酷くなると無意識に髪の毛を抜いてしまうことがあります。
職場の人や友人に抜毛症を知られたくないと思っているなら、自分の気持ちをコントロールできなくなる前に治療を受けることをおすすめします。

 

医療機関に相談すると、気持ちを落ち着けていくための治療を提案されると思います。
患者さんの症状やストレスを感じる原因によって治療方法を異なりますが、ほとんどの場合は薬の処方で心のケアをしていくことになるでしょう。
医師やカウンセラーにストレスの原因となっている事柄を話すことで、気持ちが軽くなって抜毛症が治まる可能性もあります。

 

一番安い!↓公式サイト