敏感な妊娠中はシャンプーも慎重に

マイナチュレ公式HP

悪阻でいつものシャンプーの香りがキツイ!

 

妊婦

 

妊娠中に発症することがある「妊娠悪阻」についてご存知ですか?
つわりが悪化すると妊娠悪阻になってしまうことがあり、何度も嘔吐を繰り返したり、ほとんど食事ができなくなってしまうなどの症状が出てきます。

 

妊娠悪阻の症状が出ているときは、いつも使っているシャンプーの香りがキツイと感じてしまうかもしれません。
これまでは何とも思っていなかった香りでも、妊娠悪阻で体調が悪いときには、気分が悪くなる原因になってしまう可能性があります。

 

妊娠悪阻になってから使いやすいシャンプーを選ぶのは大変だと思うので、妊娠していることがわかったら、シャンプーの見直しをしておくと良いでしょう。

 

妊娠中に使用するシャンプーは、含まれている成分などをチェックしながら、できるだけ安全なものを選びましょう。
妊娠悪阻を配慮して香りが少ないものを選ぶことも大切ですが、どのような成分が含まれているのかということもとても大切です。

 

場合によっては、シャンプーに含まれている成分が経皮吸収されることもあるので、食事と同じぐらい気を付けていきたいことですね。
赤ちゃんへの影響も考えて、体に優しいシャンプーを選びましょう。

 

 

妊娠中はシャンプーの見直しを

 

妊娠中に使用するシャンプーは、できるだけ安全なものを選びましょう。
ドラッグストアなどに売られている一般的なシャンプーには、ラウリル硫酸などの界面活性剤が含まれています。

 

普段はそれほど気にしなくても大丈夫ですが、妊娠中は界面活性剤の経皮吸収を気にしたほうが良いでしょう。
界面活性剤が経皮吸収されてしまうことが、赤ちゃんが喘息やアレルギーを持って生まれてくる原因のひとつだと言われています。

 

経皮吸収された界面活性剤は、食事と違って体外へ排出されることがありません。

一度吸収されてしまうと、血液の流れによって体内を巡ることになるので、食事よりも気を付けなければいけないことなのかもしれません。

 

また、妊娠中は頭皮や髪の毛が敏感になっているため、これまでと同じシャンプーを使っていても髪の毛の傷みやパサつきが気になるかもしれません。
高級アルコール系のシャンプーや石鹸シャンプーは洗浄力が強いため、妊娠中は髪の毛が負けてしまうことがあります。

 

妊娠中も綺麗な髪の毛を維持していきたいなら、洗浄力が弱めのアミノ酸系のシャンプーを選んでみましょう。
普段は物足りないように感じるアミノ酸系のシャンプーですが、妊娠中は程良く汚れを落として髪の毛の傷みを抑えてくれます。

 

 

妊娠中でも安心して使えるシャンプーはある?

 

妊娠中でも安心して使えるのは、やはり無添加のシャンプーです。
危険な化学成分が含まれておらず、界面活性剤も含まれていないシャンプーであれば、妊娠中でも安心ですね。
香料や着色料など、無駄なものが一切入っていないシャンプーを探してみましょう。

 

また、妊娠中の髪の毛のパサつきを抑えるために、アミノ酸系のシャンプーを中心に選んでみるのも良いでしょう。
普段何気なく使っていたシャンプーでも、妊娠すると刺激が強すぎるように感じることがあります。

 

無理をして使い続けていると、髪の毛が傷む原因になってしまったり、頭皮環境が悪化して抜け毛の症状が出てきてしまいます。
妊娠中にシャンプーを使用していて少しでも違和感を感じたら、早めにシャンプーの見直しをすることをおすすめします。

 

マイナチュレスカルプシャンプー」のような無添加にこだわって作られているシャンプーなら、妊娠中でも安心して使えるかもしれません。
女性の抜け毛・薄毛を予防できるほど、頭皮や髪の毛に優しい成分で作られているので、お腹に赤ちゃんがいても問題なく使えるでしょう。
体を気遣いながら頭皮のケアもできるので、妊娠中に綺麗な髪の毛を目指していけます。

 

一番安い!↓公式サイト