女性の抜け毛びまん性脱毛症

マイナチュレ公式HP

びまん性脱毛症の原因

 

薄毛

 

髪の毛のボリュームが全体的に減ってきているように感じたら、薄毛の症状を疑ったほうが良いかもしれません。

 

女性の薄毛は男性の薄毛とは違い、髪の毛が大量に抜けてしまうことはほとんどありませんが、少しずつ全体のボリュームが減っていきます。
髪の毛一本一本が細くなってきていたり、地肌が目立つようになってきていたら、「びまん性脱毛症」を発症しているサインかもしれません。

 

びまん性脱毛症は、髪の毛が全体的に薄くなっていく女性の脱毛症です。
びまん性脱毛症を発症する原因は、人によってさまざまです。

 

特に多いのは、加齢に伴って女性ホルモンが減少していき、頭皮環境が悪化して薄毛になってしまうというものです。
女性ホルモンが減少することで、男性ホルモンが優位に立って薄毛が起こりやすくなりますし、頭皮に潤いを与えるコラーゲンやヒアルロン酸などの成分が減少してしまいます。

 

そのため、髪の毛のボリュームが全体的に減っていき、地肌が目立つようになってくるのです。
びまん性脱毛症を発症する原因は、加齢の他にもストレス・出産・過度のヘアケア・不規則な生活などさまざまです。
薄毛になってしまう前に、びまん性脱毛症の原因となるような行動を控えていきましょう。

 

 

他にもある女性特有の脱毛症

 

びまん性脱毛症の他にも、女性特有の脱毛症はいくつかあります。

 

例えば、「分娩後脱毛症」です。
分娩後脱毛症は、出産を終えて2〜3か月以内に起こる薄毛の症状で、びまん性脱毛症に似ています。
髪の毛のボリュームが全体的に減ったように感じ、人によっては抜け毛が増えることもあるでしょう。
分娩後脱毛症は、妊娠・出産に伴って女性ホルモンのバランスが変化したことで起こる脱毛症です。
出産を終えた後に突然髪の毛が減り始めて驚くと思いますが、ほとんどの場合には時間の経過とともに改善されます。
ホルモンバランスが整うことで抜け毛が減るケースが多いので、出産後はできるだけストレスを溜めずに落ち着いて過ごしましょう。

 

また、髪の毛を引っ張り続けることで起こる「牽引性脱毛症」といものもあります。
髪の毛が長い女性は、ポニーテールや三つ編みなどのヘアアレンジをして楽しめますが、きつく縛り過ぎないように注意が必要です。
長い間きつく縛った状態が続くことで、髪の毛が抜け落ちて牽引性脱毛症になってしまいます。
毎日同じ位置で縛らないように気を付けたり、ヘアアレンジをせずに過ごす日を作るなどして、髪の毛を引っ張り過ぎないように注意しましょう。

 

 

頭皮環境を整えるために早めのケアが大切!

 

髪の毛のボリュームが気になり始めたら、早めのうちからケアをしていくことが大切です。

脱毛症は、髪の毛が抜け落ちて減ってしまうことはあっても、自然に改善されて再び増えていくことはほとんどありません。

 

分娩後脱毛症のようなホルモンバランスが原因の場合には別ですが、ほとんどの場合が髪の毛のボリュームが減る一方だと思います。
健康的な髪の毛が育ちやすい環境を取り戻すために、早めのケアを意識していきましょう。

 

健康的な髪の毛を増やしていくためには、頭皮環境を改善しなければいけません。
頭皮が乾燥しがちになっていたり、刺激に敏感になっているように感じたら、頭皮環境を整えるためのケアをしていきましょう。

 

頭皮環境を整えるためには、保湿をして潤いを与えることから始めましょう。
頭皮が乾燥していると、皮膚が硬く厚くなってしまいますし、髪の毛を育てていくために必要な栄養が十分に行き渡りません。
保湿成分が含まれているシャンプーを使ったり、女性用育毛剤を使用するなどして、頭皮環境を整えていきましょう。

 

また、頭皮マッサージをすることで、頭皮の血行不良を改善できます。
血の巡りが良くなれば、頭皮の状態が少しずつ良くなっていくでしょう。

 

一番安い!↓公式サイト