栄養と抜け毛にはどのような関係がある?

マイナチュレ公式HP

ダイエットで髪が大量に抜ける理由

 

拒食症

 

今よりもさらに綺麗な自分になるために、ダイエットを頑張っている女性は多いでしょう。
憧れのモデルのような体型になりたいと思ったり、お洒落な服を着られるようになりたいと思ったり、ダイエットを始めるきっかけは人それぞれです。

 

自分の体調に合わせた適度なダイエットを続けていければ良いのですが、人によっては過度なダイエットを行ってしまうこともあります。

過度なダイエットを続けていると、体調を崩してしまう恐れがあるだけでなく、髪の毛が抜けて薄毛になってしまう可能性もあります。

では、なぜ過度なダイエットを続けていると髪の毛が抜けてしまうのでしょうか?

 

健康的な髪の毛を作るためには、十分な栄養が必要です。
食事やサプリメントから摂取した栄養が血液中を流れていき、頭皮全体に届くようになっています。

 

過度なダイエットで食事を減らしていると、健康的な髪の毛を作るために必要な栄養を十分に摂取できない可能性が高いです。
食事から摂取できるはずの栄養が不足することで、髪の毛が太く長く育たなくなってしまい、結果的に薄毛になってしまうのです。

 

また、栄養不足で頭皮環境が悪化してしまい、現在生えている髪の毛が抜け落ちてしまうこともあります。

 

 

摂食障害と薄毛の関係

 

食事と髪の毛には、大きな関係があります。
毎日の食事をおろそかにすることで、髪の毛が抜けたり生えてこなくなったりしてしまいます。
摂食障害が薄毛の原因となってしまうこともあるので、毎日きちんと食事をとれるように気を付けていきましょう。

 

摂食障害は、精神疾患のひとつです。

食事を全く摂取できなくなってしまう「拒食症」と、過度に食事を摂取してしまう「過食症」の2種類があります。
拒食症と過食症はどちらも十分に栄養を摂取できなくなってしまう怖い病気ですが、特に髪の毛に影響を与えるのは拒食症です。
拒食症を発症すると、これまでのように食事をとることが難しくなり、頑張って口に入れてもすぐに吐き出してしまう人もいます。
そのため、体に必要な栄養が不足しがちになっていきますし、健康的な髪の毛を作るために必要な栄養も足りなくなっていきます。

 

拒食症を発症して食事をとれない生活が続くことで、頭皮や髪の毛の状態が悪化していき、薄毛になってしまうと考えられます。
新しい髪の毛を作るための栄養も足りていないため、拒食症の症状が長く続くことで薄毛が進行してしまいます。
摂食障害を引き起こす原因はさまざまですが、過度なダイエットが拒食症につながらないように気を付けましょう。

 

 

抜けにくい健康的な髪を作る成分

 

抜けにくくて健康的な髪の毛は、栄養を十分に摂取していくことで作られます。
栄養バランスが偏った食事ばかりをとっていたり、毎日きちんと食べていない人は、髪の毛のためにも食事を見直してみたほうが良いでしょう。

 

健康的な髪の毛を作るために必要な成分は、毎日の食事から摂取できます。

どうしても栄養が不足しがちに感じるときはサプリメントを利用するなど、上手に栄養を摂取していきましょう。

 

髪の毛を作るためには、「タンパク質」が必要です。
タンパク質は肉や魚などの食品から摂取できるので、毎日の食事に上手に取り入れていきましょう。
また、摂取した栄養は血液中を流れて頭皮まで届くので、血液の流れをサラサラにしておくことも効果的です。

 

大豆に含まれている大豆イソフラボンは、血液の流れをサラサラにする働きがあります。
大豆には良質なタンパク質も含まれているので、肉や魚に加えて大豆も摂取していきたいですね。

 

大豆を摂取するときには、同時にビタミンA・ビタミンE・ビタミンB群なども摂取すると良いと言われています。
ビタミン類は海藻に多く含まれているので、大豆と海藻を使った料理を作ってみると良いかもしれません。
他にも、緑黄色野菜を摂食的に摂取するように心掛けるなど、健康的な髪の毛を作るための努力をしていきましょう。

 

一番安い!↓公式サイト