産後に気を付けたい頭皮環境の悪化

マイナチュレ公式HP

産後の頭皮のベタつきや乾燥

 

産後

 

妊娠中は、普段よりも多くの女性ホルモンが分泌されます。
ホルモン量がピークになるのは出産時と言われており、出産を終えた途端、ホルモンの分泌量が元に戻ります。

 

そのため、ホルモンの量が急激に変化してしまい、ホルモンバランスを崩してしまう人がほとんどです。
ホルモンバランスが急激に変化することによって、体が敏感になってしまい、頭皮の状態にも変化が起こります。

 

皮脂の分泌量が増えて頭皮がベタつくように感じたり、逆に頭皮が敏感になって乾燥しがちになってしまう人もいるでしょう。
産後は頭皮を健康的な状態に保つことが難しくなるので、使用するシャンプーに気を遣うなどして、できるだけ頭皮環境を悪化させないように心掛けていきましょう。

 

産後の頭皮のベタつきをそのままにしておくと、頭皮がにおってしまうことがあります。
毎日きちんとシャンプーをしているのに頭皮がにおう場合には、まずは頭皮環境を改善していくことから始めてみましょう。

 

頭皮環境を改善するためには、自分の頭皮に合ったシャンプーを使うことはもちろん、頭皮マッサージなども行ってみましょう。
自宅で手軽にできる頭皮マッサージで、頭皮全体の血行を促進していけます。

 

 

頭皮のにおいがきつくなる人も

 

夏の暑い季節になると、皮脂の分泌量が増えて頭皮のにおいがきつくなってしまう人がいます。
産後もこれと同じで、ホルモンバランスの関係で皮脂の分泌量が多くなり、頭皮のにおいがきつくなることがあります。
産後に頭皮がベタつくように感じたら、においがきつくなってしまう前に早めの対策をしていきましょう。

 

皮脂の過剰な分泌による頭皮のにおいを抑えるためには、余分な皮脂汚れをきちんと落とすようにしていきましょう。
毎日のシャンプーを丁寧に行うことで、皮脂汚れを落として頭皮のにおいを防げます。

 

ただし、シャンプーをするときに気を付けたいことがあります。

頭皮を健康的な状態に保っていくためには、頭皮を守るための皮脂が必要です。
シャンプーをするときに、頭皮を守るために必要な皮脂まで洗い落としてしまうと、頭皮が乾燥しがちになってしまいます。

 

すると、頭皮が自分自信を守ろうとしてさらに皮脂を分泌するので、シャンプーをしても再び過剰な皮脂が分泌されてしまいます。
皮脂を落としすぎることでベタつきが酷くなってしまうことがあるので、シャンプーをするときには気を付けましょう。

 

頭皮の皮脂を落としすぎているように感じたら、洗浄力が弱いシャンプーに変えてみたり、1日に何回もシャンプーをしないように注意してみましょう。

 

 

シャンプーを使ったケア方法

 

産後の頭皮のベタつきが気になるなら、シャンプーを使って上手にケアしていくことをおすすめします。
頭皮のベタつきを放置していると、頭皮の毛穴に皮脂汚れが詰まって抜け毛・薄毛の原因になってしまったり、頭皮のにおいがきつくなってしまうことがあります。

過剰に分泌されている皮脂をシャンプーで洗い落として、頭皮を清潔な状態に保てるようにしていきましょう。
シャンプーをするときに炭酸水を取り入れて、毛穴に詰まった皮脂汚れを落としやすくする方法もおすすめです。

 

頭皮の皮脂汚れは、落としすぎてしまうと頭皮の乾燥を引き起こします。
そのため、余分な皮脂はしっかりと落としつつ、頭皮を守るために必要な皮脂は落としすぎないようなシャンプーを使わなければいけません。

 

ドラッグストアなどで売られている高級アルコール系のシャンプーは、頭皮の皮脂を落としすぎてしまう可能性があります。
産後の頭皮は特に敏感になっているので、高級アルコール系のシャンプーよりも洗浄力が弱いアミノ酸系のシャンプーを使うと良いでしょう。

 

頭皮に刺激を与えず、皮脂を落としすぎないので産後でも安心して使えます。
また、無添加や自然派成分にこだわって作られているシャンプーなら、さらに安心して使えるかもしれません。

 

一番安い!↓公式サイト